⑤プロジェクトを設定する

                                                  

 「プロジェクト」の設定手順

                                                  

 

「プロジェクト」ページ操作手順

顧客情報である「リード」の束「プロジェクト」と定義します。
「プロジェクト」ボックスを作成し、各必要項目を設定してください。

 

  1. メニューボタンをクリックし、メニューバーから「プロジェクト」ページを選択してください。
    __.jpg

  2. 画面左上「プロジェクト」右横の「+」(新規プロジェクト)ボタンをクリックすると、「新規プロジェクト」入力画面が表示されるので、
    ①「プロジェクト名」(全般)を入力
    ②「ユーザー」
    を選択して設定
    ③「カスタム項目」を選択して設定
    ④「アクション結果」を選択して設定最後に「保存」をクリックしてください。
    __.jpg
  3. なお先ほど作成した「プロジェクト」を選択し、「プロジェクト編集」アイコンをクリックして、編集することも可能です。
    「プロジェクト」の各項目(「プロジェクト名」「ユーザー」「カスタム項目」「アクション結果」)を変更できます。

    __.jpg


  4. プロジェクト編集」ページ内にある「全般」タブが表示されます。
     「プロジェクト名」の編集が可能です。
    mceclip0.png
  5. 「ユーザー」タブを選択し、「ユーザー」ボックスをクリックしてください。
    一人以上、任意の「ユーザー」を選択してください。
    後述する「リード」インポートで、「プロジェクト」に「リード(顧客情報)」をインポートします。
    ここで選択した「ユーザー」が「リード」へアクセスできるようになり、架電等の活動を実施することになります。
    mceclip1.png

  6. 「カスタム項目」タブを選択し、「カスタム項目」ボックスをクリックしてください。
    「カスタム項目」ページで作成した「カスタム項目」が表示されるので、任意のものを選択してください。
    選択した「カスタム項目」は、「プロジェクト」にインポートした「リード」の情報に表示されます。
    __.jpg

  7. 「アクション結果」タブを選択し、「アクション結果」ボックスをクリックしてください。
    「アクション結果」ページで作成した項目がリスト表示されるので、任意のものを選択してください。
    選択した「アクション結果」は、「プロジェクト」にインポートした「リード」に対して架電等のアクションを行った際に、アクション結果の選択肢として、リスト表示されます。
    __.jpg

  8. 「ユーザー」「カスタム項目」「アクション結果」の編集が完了したら、「保存」ボタンをクリックしてください。

  9. 特定の「プロジェクト」の「有効」・「無効」は、各プロジェクトの右端にある、「👁」アイコンをクリックしてください。
    __.jpg


  10. 特定の「プロジェクト」の「削除」は、各プロジェクトの右端にある、「ゴミ箱」アイコンをクリックしてください。
    __.jpg
                                                  

 概要説明

                                                  

 

「アクション結果」と各項目の関係性

  • 「リード」ページ
    「リード」とは、一つ一つの顧客情報を指します。
    「リード」ページでは、「プロジェクト」ページで作成した「プロジェクト」に「リード」をインポートできます。
  • 「ユーザー」
    「プロジェクト」設定時に「ユーザー」タブより、プロジェクトの担当ユーザーを指定します。
    指定された「ユーザー」は、その「プロジェクト」に属する「リード」に対して、架電等の活動を行うことができるようになります。
  • 「カスタム項目」ページ
    「プロジェクト」設定時に「カスタム項目」タブより、プロジェクトに紐づける「カスタム項目」を選択します。
    その際、このページで作成した「カスタム項目」が選択肢としてリスト表示されます。
  • 「アクション結果」ページ
    「プロジェクト」設定時に「アクション結果」タブより、プロジェクトに紐づける「アクション結果」を選択します。
    この際「アクション結果」ページで作成した項目が、選択肢としてリスト表示されます。

 

「プロジェクト」の更なる活用

貴社のインサイドセールス等の運用形態に沿って「プロジェクト」を作成することができます。

【事例】
・ユーザー別「プロジェクト」を作成する場合
日次でユーザーがターゲットリストを作成し、ユーザー別に「プロジェクト」作成状況を管理できます。
・見込みの薄い「プロジェクト」を作成する場合
受付ブロック等、見込みの薄い「リード」をまとめる「プロジェクト」を作成することができます。
様々な「プロジェクト」の中から確度の低い「リード」を寄せ集め、削除したり担当ユーザーを変更したりできます。       

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています