③次回アクションを決定する

 

                                                   

 次回アクション等の設定手順

                                                   

 

「コンタクト」ページ操作手順(次回アクションを設定する)

  1. 「コンタクト」ページでは、「リード(顧客情報)」に対する次回アクションを設定することができます。
    画面左側にある「プロジェクト選択」ボタンから、任意のプロジェクトを選択してください。 
  2. 必要に応じて「リード(特定の顧客情報)」に対して「再コール設定」をしてください。
    「再コール設定」では、次回架電を予約することができ、架電漏れを防ぐことができます
  3. 確度の高い「リード」を囲い込む場合に「マイボックス」ボタンをクリックしてください。
    「マイボックス」登録により、他のユーザーが「リード」にアクセス不可となり、ご自身の専属「リード」として囲い込み可能です。
    なお「マイボックス」一覧は、「プロジェクト選択」ボタンから「マイボックス」を選択すると、閲覧できます。

    mceclip0.pngmceclip1.png
  4. 再架電を禁止する場合には、「禁止」ボタンをクリックしてください。
    なお、一旦任意の「リード」を「禁止」登録すると、架電できなくなり、「プロジェクト」から非表示の状態となります。
    mceclip2.png

 

                                                   

 概要説明

                                                   

 

「コンタクト」ページの更なる活用

「マイボックス」「再コール」「カスタム項目」を併用/使い分けて追客できます。

  • 「マイボックス」
    見込み確度が高く、特定のユーザーが専属で追客する場合に限り、「マイボックス」に登録してください。
    「リスト選択」ボタンをクリックすると、「プロジェクト選択」ボタンの選択肢に「マイボックス」が追加で表示され、マイボックス登録済みのリードの一覧を確認、架電することができるようになります。
  • 「再コール」
    具体的な在社予定、帰宅時間が判明している場合に架電予約(「再コール」設定)ができるようになります。
  • 「カスタム項目」
    具体的な再架電の日程が判明しておらず、「再コール」設定が不要な場合にも、見込み状況のフラグをつけることが可能です。
    「見込み度合い」「再度架電」等任意の「カスタム項目」に「リード」の状況を登録し、
    当該「カスタム項目」をフラグとして「リード」を検索、順々に再架電することができます。
    なお「カスタム項目」の設定は管理者のみ操作が可能です。必要に応じて貴社管理者にお問い合わせください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています