②「リード」情報を更新する

                                                 

 リード情報更新の操作手順

                                                  

 

「コンタクト」ページ操作手順(リード情報を更新する)

「コンタクト」ページでは、「リード(顧客情報)」に対する架電、「リード」情報の更新結果の保存ができます。
「リード」情報を必要に応じて更新してください。
 更新可能な「リード」情報は、「連絡先」「基本情報」「カスタム項目」です。

 

  1. 必要に応じて「連絡先」を追加/編集/削除できます。
    ①「コンタクト」ページ画面左側にある「プロジェクト」プルダウンより、任意のプロジェクトを選択してください。
    __.jpg

    ②プロジェクト内で登録されている企業リストが表示されます。
    基本項目を「編集」する場合は、「連絡先」欄の画面右上にある、4つ並んでいるアイコンのうち、一番左の「鉛筆」アイコン(編集)をクリックしてください。(以下の画像をご参照ください)
    __.jpg


  2. 「基本項目」を編集し、「保存」ボタンをクリックしてください。
    「基本項目」の各項目:
    名前、名前(カナ)、郵便番号、都道府県、市区町村、ビル等、メールアドレス、ホームページ、備考
  3. 「デフォルト連絡先」を「編集」する場合は、「連絡先」欄の画面右横にある、「鉛筆」アイコン(編集)をクリックしてください。(以下の画像をご参照ください)

    __.jpg

  4. ポップアップ表示された「連絡先」より、「デフォルト連絡先」を編集してください。
    既存のデフォルト連絡先の編集の他、「連絡先」「連絡先タイプ」の追加/削除が可能です。
    なお、一つのリードに対して、一つ以上の連絡先及び電話番号の登録が必須となります。

    __.jpg
【補足】「デフォルト連絡先」について
「リード」に対して複数の「連絡先」を追加することができます。
 一つのリード(企業)について、複数の連絡先(役職・担当者名、代表電話番号、営業担当者番号)を登録できます。     
「連絡先」に対して複数の「連絡先タイプ」を追加することができます。

 一つの連絡先(営業部長)について、複数の連絡先タイプ(電話番号、メールアドレス等)を登録できます。 

 

 

5. リードの基本情報をスクロールすると、「カスタム項目」画面が表示されます。
「カスタム項目」を編集し、「保存」ボタンをクリックしてください。
なお、1ページ目(1番タグ)以降が「カスタム項目」となり、「カスタム項目」ページで作成した項目が表示されます。
そのまま画面をスクロールダウンしていただく、または「連絡先」以降の「カスタム項目」タブ(以下の画面ですと、「テスト1016」、「ナーチャリング」、「次回日程」)をクリックして頂くと、プロジェクト編集で紐つけた「カスタム項目」が表示されます。

__.jpg

 

6. 各リードに対して、架電時の通話内容のメモとして、「ノート」機能を利用できます。
カスタム項目タブの下にある、「ノート追加」というタブをクリックすると出現します。
文字入力後、「保存」ボタンをクリックすると入力内容が保存できます。

__.jpg
7. 「再コール」機能について、「連絡先」欄の画面右上にある、4つ並んでいるアイコンのうち、左から2番目の「ベル」アイコン(再コール設定)をクリックしてください。(以下の画像をご参照ください)
「カレンダー」:再コール日付設定
「架電者名」:架電者の設定
「連絡先」:連絡先の設定
「再コール時刻」の設定(時間を検索入力も可能)
「メモ」:その他追記事項を記入
最後に「保存」をクリックして設定完了です。

__.jpg
8. 「マイボックス」機能について、「連絡先」欄の画面右上にある、4つ並んでいるアイコンのうち、右から2番目の「↓」アイコン(マイボックス設定)をクリックしてください。(以下の画像をご参照ください)
「マイボックス」に追加すると、自分以外のユーザーから、そのリードへの架電はできなくなります。
なお画面左上のプロジェクト名のプルダウンメニューより、「マイボックス」の選択が可能です。

__.jpg

9. 「禁止」リスト機能について、「連絡先」欄の画面右上にある、4つ並んでいるアイコンのうち、一番右の「駐車禁止」アイコン(禁止リスト設定)をクリックしてください。(以下の画像をご参照ください)
リードの連絡先の担当者名と電話番号より、禁止したい電話番号を指定して「禁止」をクリックしてください。
リードの連絡先をすべて禁止したい場合、「すべて禁止する」をクリックしてください。
「禁止リスト」に追加すると、そのリードへの架電はできなくなります。

__.jpg


「リード」ページ操作手順

「リード」ページでも同様に、「リード(顧客情報)」に対する架電「リード」情報の更新結果の保存ができます。
「リード」情報を必要に応じて更新してください。
 更新可能な「リード」情報は、「連絡先」「基本情報」「カスタム項目」です。


1.  画面左側にあるメニューバーより、「リード」を選択してください。

__.jpg

2.  画面左側の「プロジェクト」一覧より、任意のプロジェクトを選択し、編集したいリードについて、名前の左側にある「閲覧」マークをクリックしてください。

__.jpg


3. リード情報について、以下の通り編集できます。
なお、各項目表示について、カラム(1段・2段・3段)変更も可能です。

「基本項目」:
「名前」、「名前(カナ)」、「郵便番号」、「都道府県」、「市町村」、「番号」、「ビル等」、「メールアドレス」、「ホームページ」、「備考」
また、基本情報の下段にある「ノート」欄に、メモも残せます。

__.jpg



4. プロジェクトに追加した「カスタム項目」の編集もこちらで可能です。
カスタム項目ごと(以下の画像の1・2・3)に編集できます。
また、カスタム項目の下段にある「ノート」欄に、メモも残せます。

__.jpg

5. 「マイボックス」追加も可能です。「マイボックス」に追加すると、自分以外のユーザーから、そのリードへの架電はできなくなります。

__.jpg

6. 「禁止」リストへの登録も可能です。
禁止ボタンをクリックすると、禁止する電話番号を選択します。なお、一旦禁止リストに登録された連絡先の電話番号には、通話できなくなります。

__.jpg

                                                  

 概要説明

                                                  

 

「コンタクト」ページの更なる活用

「カスタム項目」を使用することで、貴社任意の項目をカスタマイズして登録できます。
なお、「カスタム項目」欄の作成は「管理者」のみ使用可能ですので、貴社管理者様にお問い合わせください。

【事例】
「カスタム項目:再度架電」
 架電した際に、見込みがあると判断した場合に、「再度架電」ボックスをプルダウンメニューから選択し、「カスタム項目:再架電」で検出された、再架電フラグ「リード」に順々に架電することができます。
 再度架電した際に、見込みではなくなった場合に、プルダウンメニューから外すことも可能です。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています