①ワークグループを設定する

 

                                                  

 「ワークグループ」の設定手順

                                                  

 

「ワークグループ」ページ操作手順

複数のユーザーが所属する組織である「ワークグループ」を作成/設定してください。

 

  1.  ログイン画面からログインしてください。
    ログイン情報(貴社専用URL、ユーザー名(E-mail)、パスワード)は、ComDesk導入時に弊社よりご案内致します。
    mceclip0.png
  2. 「ワークグループ」ページに移動するので、「作成」ボタンをクリックし、「ワークグループ」を作成してください。
    mceclip7.png
  3. 「作成」入力画面がポップアップ表示されるので、任意の「ワークグループ名」を記載し、「ユーザー追加」ボタンをクリックしてください。
    mceclip8.png
  4. 「ユーザー検索」ボックスが表示されるので、再度クリックすると、ユーザーの選択肢がリスト表示されます。
     そのリストから、「ワークグループ」に所属させるユーザーを選択してください。
    mceclip9.png
  5. 「OK」ボタンをクリックしてください。
     これで「ワークグループ」の作成と、ユーザーの所属の設定が完了しました。

 

                                                  

概要説明

                                                  

 

「ワークグループ」と各項目の関係性

  • 「プロジェクト」
    「プロジェクト」とは、顧客情報の束を指します。
    プロジェクトにアクセスするユーザーを指定でき、複数のワークグループをまたいで担当ユーザーを指定することも可能です。
  • 「リード」
    「リード」とは、プロジェクトに属する一つ一つの顧客情報です。
    プロジェクトに割り当てられたユーザーが、属するリードに対して実際に架電等の活動を実施します。
  • 「禁止」登録
    リードを「禁止」登録すると、架電等の活動がブロックされます。
    「禁止」登録は、ワークグループ単位での活動がブロックされるため、ワークグループに属するユーザー全員が、そのリードに対して接触できなくなります。
  • 「マイボックス」登録
    リードを「マイボックス」登録すると、特定のユーザーがリードを囲い込み、他のユーザーの接触をブロックすることができるようになります。
    なお特定のリードに対して、ワークグループごとに一人のユーザーのみ「マイボックス」登録することができます。

 

「ワークグループ」の更なる活用

  • 支店等複数の拠点を有する場合
    拠点ごとにワークグループを作成することで、拠点ごとに独立した顧客情報の保持、ユーザーの活動履歴の把握が可能となります。
  • 複数の商材を有する場合
    商材ごとにワークグループを作成することで、ワークグループごとに同リードに対して別途活動することができます。
    具体的には、あるワークグループで既存顧客を禁止登録した場合、別のワークグループで当該リードに対する活動を継続できます。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています