【操作方法】「禁止」リードに登録する

「禁止」リードとは

禁止リードに登録すると、当リードに対して架電が不可となります。
既存顧客、クレーム先等に対する架電をブロックする場合に利用できます。
→「コンタクト」ページで「禁止」リードに登録する
→「リード」ページで「禁止」リードに登録する

 

「禁止」リードに登録する

「コンタクト」ページ及び「リード」ページで「禁止」登録が可能です。
※当ページは「コンタクト」ページのFAQ記事ですが、リードページと関連するため記載しております。

【補足】
 ※ユーザー:「コンタクト」ページ及び「リード」ページから編集できます。          
  管理者:「リード」ページから編集できます。

 

  • 「コンタクト」ページから「禁止」リードに登録する                 mceclip1.png
  1. 「リード」を選択し、「禁止」ボタンをクリックしてください。
  2. 「禁止する電話番号」を選択してください。
  3. 「保存」をクリックしてください。
    【補足】
    「禁止」ボタンが赤からグレーに変わり、当リードが禁止リードに追加されます。        

 

  • 「リード」ページから「禁止」リードに登録する         mceclip0.png
  1. 「プロジェクト」からリードを選択します。
  2. 「リード」のチェックボックスを☑し、「👁」マークの「禁止する」ボタンをクリックしてください。
    【補足】
    管理者:「禁止する」ボタンをクリックし、紐づけるワークグループを選択してください。
    ユーザー:「禁止する」ボタンをクリックすると、自動的にご自身が所属するワークグループにリードが紐づきます。 

 

 

「禁止」リード情報を閲覧する

「プロジェクト」ページで禁止登録した場合も、禁止リストの一覧は「リード」ページより閲覧してください。

 

  • 「リード」ページから禁止リード一覧を確認する                            mceclip3.png
  1. ご自身が所属する「ワークグループ」に属する禁止リード一覧を確認できます。

 

「禁止」リードを解除する

「リード」ページで禁止解除すると、「コンタクト」ページ及び「リード」ページの元の所属「プロジェクト」の戻り、再び架電が可能になります。

 

  • 「リード」ページから禁止リードを解除する
    mceclip3.png
  1. 「禁止」項目内からリードを選択します。
  2. 「リード」のチェックボックスを☑し、リードリスト上部にある「禁止解除」ボタンをクリックします。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています