⑥リードをインポートする

                                                  

 「リード」インポートの操作手順

                                                  

 

「リード」ページ操作手順

「リード」ページで、顧客情報である「リード」をComDeskにインポートしてください。
貴社でお持ちの顧客リスト(csv、xlsx形式)をそのままComDeskに適用し、データインポートすることができます。

 

  1. ComDeskにインポートする顧客リストをcsv形式で用意してください。
     必須項目は、「リード名」「連絡先名」「電話番号」です。
    【補足】
     「リード(顧客情報)」に複数の「連絡先」を紐づけることが可能です。
     たとえば、リード名「株式会社widsley」(1社)に対して、「本社:電話番号」と「営業部長:携帯番号」の、両方の連絡先を紐づけることが可能です。 

    mceclip0.png
  2. 画面左上にあるメニューボタンをクリックし、メニューバーから「リード」ページを選択してください。
    mceclip1.png
  3. 画面右上にあるオレンジ色の「インポート」ボタンをクリックし、「リードインポート」を選択してください。
    mceclip3.png
  4. 「ステップ1/2」ページでファイルのアップロード及び所属「プロジェクト」を選択し、「次に」ボタンをクリックしてください。
    「ここにファイルをドロップまたはアップロードします」と表示されるので、青色の長方形で囲われた範囲の上で、csv形式の貴社顧客リストをドロップ、またはこの範囲をクリックして、アップロードしたいファイルを選択してください。
    ■アップロードしたリード情報を紐づけたいプロジェクトを、「既存プロジェクトから選ぶ」より選択し、あらかじめ「プロジェクト」ページで作成した任意のプロジェクトを選択してください。
    【補足】
    「プロジェクトを新規作成する」を選択することも可能ですが、
    「プロジェクト」ページで行った貴社仕様の設定が反映されない、デフォルトの「プロジェクト」が新規で作成されますので、ご注意ください。

    mceclip0.png
    1. 「ステップ2/2」でインポートするファイルの項目をそれぞれ選択し、ComDesk内のリードリストの各項目に紐づけします。

      ①必須項目:リード名、連絡先名、電話番号
      連絡先情報の数字「1」は、「1人目の連絡先」です。2人目以降の登録も可能です。
      ②基本情報:名前(カナ)、郵便番号、都道府県、市区町村、番号、ビル等、メールアドレス、ホームページ、備考
      登録は任意となり、必要情報について設定、インポートしてください。

      ③追加項目:任意の項目を「カスタム項目」として登録可能です。
      「カスタム項目」をインポートする場合、事前に「カスタム項目」を作成し、「プロジェクト」へ紐づけてください。
      →「カスタム項目」作成方法
      →「プロジェクト」設定方法

      mceclip8.png
  5. すべての設定が完了したら「インポート」ボタンをクリックしてください。

 

                                                  

概要説明

                                                  

 

「リード」インポートと各項目の関係性

  • 「プロジェクト」ページ
    「プロジェクト」ページで作成した「プロジェクト」ボックスを選択することで、そのプロジェクト内に「リード」情報をインポートすることができるようになります。
  • 「カスタム項目」
    「カスタム項目」ページで作成した項目から、インポートするリード情報を選択できます。
    なお「カスタム項目」をインポートするためには、事前に「プロジェクト」と「カスタム項目」を紐づける必要があります。
  • 「コンタクト」ページ(「ユーザー」画面より選択)
    インポートした「リード」に対して、架電等の活動を実施し、リード情報を上書きすることができます。
    また「コンタクト」ページで架電する際に、インポートしたリード情報を閲覧することができます。

 

「リード」ページの更なる活用

「リード」ページでは、リードのインポートだけでなく、「リード」を精査、編集することも可能です。

  • リードを精査する
    「リード」の所属プロジェクトの変更や、「リード」自体を削除することも可能です。
    【事例】
    ・「リード」の所属プロジェクトを変更する
    「カスタム項目:アポイント取得済み」フラグで「リード」を検索し、
     フィールドセールスユーザーが担当する「アポ取得済みプロジェクト」に一括で移管できます。
    ・「リード」を削除する
    「カスタム項目:使われていない電話番号」フラグで「リード」を検索し、一括で「リード」を削除できます。  
  • リード情報を編集する
    任意の「リード」について、「リード」情報(「連絡先」「基本情報」「カスタム項目」)を編集できます。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています