【操作方法】「リード」に対して架電する

コールモード(通常コールモード、配布コールモード、新規コールモード)を選択し、架電を実施します。

 

「標準」(通常コールモード)で架電する

  1. 面左上にある「標準」(通常コールモード)を選択します。
  2. 「リスト選択ボタン」から、架電するプロジェクトを選択します。
  3. 選択したプロジェクトに紐づくリード一覧が表示されるので架電するリードを選択します。
  4. リード情報が表示されるので、「連絡先」欄から架電する電話番号をクリックします。
    ※リードに連絡先を複数紐づけることができます。
  5. 架電画面が画面右下にポップアップ表示されるので、「発信ボタン」をクリックします。
    ※通話中、通話終了後に、リード情報の更新が可能です。             
  6. 「基本情報」欄、「カスタム項目」欄に任意で情報を記入し、「更新ボタン」をクリックします。
  7. 通話終了後、「切電ボタン」をクリックします。
  8. 「アクション結果」「ステータス」を選択し、「保存ボタン」をクリックします。
    【補足】
    架電結果を保存することで、次回架電時に参考にできます。
    「アクション結果」:「アクション結果」セット及び「アクション結果」を選択してください。     
    →「アクション結果」ページとは
    →「プロジェクト」に「アクション結果」セットを紐づける
    「通話メモ」:必要に応じテキストを記入してください。
    「保存」:保存ボタンをクリックすることで、通話履歴、アクション結果、通話メモが保存されます。

 

「配布」(配布コールモード)で架電する

 

  1. 「配布」(配布コールモード)を選択します。
  2. 「リスト選択」ボタンから、架電するプロジェクトを選択します。
  3. 「自動割当」ボタンをクリックします。
    ※ユーザーが被らないよう、自動でリードが配布されます。                     
  4. リード情報が表示され、「連絡先」欄から架電する電話番号をクリックします。
    ※リードに連絡先を複数紐づけることができます。
  5. 架電ポップが画面右下に表示されるので、「発信ボタン」をクリックします。
    ※通話中、通話終了後に、リード情報の更新が可能です。
  6. 「基本情報」欄、「カスタム項目」欄に任意で記載し、「更新」ボタンをクリックします。
  7. 通話終了後、「切電」ボタンをクリックします。
  8. 「アクション結果」「ステータス」を選択し、「保存」ボタンをクリックします。

 

「ダイヤル」(新規コールモード)で架電する

 

  1. 「ダイヤル」(新規コールモード)を選択します。
  2. テキストボックスに任意の電話番号を入力します。
    ※半角ハイフンなしで入力してください。                              
  3. ComDesk内に該当番号が無い場合、「データがありません」と表示されます。
  4. 「リード作成」ボタンをクリックください。
    【補足】
    ComDesk内に該当番号がある場合は、当該番号を保有するサジェストが表示されます。          
    当該サジェストからリードを選択し、架電してください。
  5. 紐づけるプロジェクトを選択し、「選択」ボタンをクリックします。
  6. リード新規作成時の必須登録項目は、連絡先の「名前」「電話番号」の二点です。
    連絡先タブの「連絡先を追加」ボタンをクリックします。
    「名前」を記入します。
    「追加モード」をクリックします。
    ・「タイプ」のドロップダウンリストから「電話」を選択し、「電話」のテキストボックスに電話番号を入力します。
    ※電話番号は半角ハイフンなしで入力してください。(メモの設定は任意)               
  7. 電話番号以外の連絡先がある場合(メールアドレス、FAX等)、「連絡タイプの追加」ボタンから連絡先を追加します。
  8. 設定したら「保存」ボタンをクリックします。
  9. 作成した「連絡先」の中から架電する電話番号をクリックします。
  10. 架電画面が画面右下にポップアップ表示されるので、「発信」ボタンをクリックします。
  11. 「基本情報」欄、「カスタム項目」欄に任意で記入し、「更新」ボタンをクリックします。
  12. 通話終了後、「切電」ボタンをクリックします。
    ※通話中、通話終了後に、リード情報の更新が可能です。                       
  13. 「アクション結果」「ステータス」を選択し、「保存」ボタンをクリックします。

 

携帯回線とIP回線

  • 回線の選択
    ComDeskでは、コールする際の回線(携帯回線/IP回線を選択)を選択できます。
    架電ポップ内の「Settings」(設定)タブで回線を選択できます。
    mceclip0.png
  • IP回線の活用
    IP回線を利用される場合、以下の機能を使用できます。
    モニタリング機能
     他の内線で通話内容を聞いて、通話内容をモニタリングすることができます。
    ささやき機能
    ユーザーの通話中、ユーザーにだけ聞こえるように指示を出すことができます。
    内線機能
    社内のユーザー同士で通話できます。
    転送機能
    通話中に、他のユーザーに転送することができます。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています