【操作方法】「禁止」リードに登録する

禁止リードの編集

架電禁止リードを「禁止」登録できます。
既存クライアントやクレーム先等に対する架電先のブロック対象として利用してください。 
→「コンタクト」ページで「禁止」登録する

mceclip0.png

 

禁止リードに追加

「禁止リード」に追加します。
禁止登録されたリードは架電が不可となります。

__.jpg

①メニューバーから「リード」ページを選択します。

②「プロジェクト」から任意のプロジェクトを選択し、「リード」のチェックボックスをオン☑にします。

【補足】
 ※青枠内の「一括選択ボタン」押すと、全リードを一括で選択できます。

③リードリスト上部の右から2番目にある、「駐車禁止」アイコンの「禁止する」ボタンをクリックします。
「禁止する電話番号を選択」する画面がポップアップ表示されますので、任意の「プロジェクト名」および該当の電話番号を選択し、最後に「保存」をクリックしてください。

④当該リードが、「プロジェクト」から「禁止」項目に移動します。

 

禁止リード解除

__.jpg

禁止リードを解除して、そのリードに対して架電できるようになります。

①「禁止」項目からワークグループを選択してください。

【補足】
 ※青枠内の「一括選択ボタン」押すと、全リードを一括で選択できます。                 
 ※ワークグループ全体に対して禁止登録されています。
  なおユーザー単位で禁止することはできません。

②「リード」のチェックボックスをオン☑にし、リードリスト上部の「駐車禁止」アイコンである、「禁止解除」ボタンをクリックします。

【補足】
「リード禁止登録」の画面がポップアップ表示されますので、
架電禁止とするワークグループを選択してください。
 →「ワークグループ」とは
 ※ユーザー様が禁止登録する場合は、当該ポップアップで「OK」をクリックしてください。         
  ユーザーが禁止登録した場合、自動的にご自身が活動されるワークグループが禁止登録の対象となります。

③禁止リードから当該リードが放出され、元のプロジェクト内に戻ります。
 当該リードに対して架電できるようになります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています