【操作方法】インポートする

リードインポートとは

ComDesk上に貴社見込み顧客リストをインポートできます。
「リード」(顧客リスト)を「プロジェクト」(リードの束)として登録してください。

 

リードをインポートする

  1. ComDeskにインポートする顧客リストをcsvxlsx形式で用意してください。
    【補足】
     ■「リード」名と「連絡先」名の関係
      「リード:株式会社widsley」に複数の「連絡先:本社」「連絡先:営業部長」を紐づけることができます。
      「リード」名に紐づく個々の「連絡先」名を指定してください。
     ■貴社顧客リストの情報について
      ①必須項目:「リード」名、「連絡先」名、「電話番号」はインポート必須項目です。
      ②デフォルト項目:名前(カナ)、郵便番号、都道府県、市町村、番号、ビル等、メールアドレス、ホームページ           
               貴社顧客リストに上記基本情報がある場合、任意に登録可能です。
      ③追加項目:貴社独自の「カスタム項目」をインポートできます。
            事前に「カスタム項目」を作成、「プロジェクト」に紐づける必要があります。
       →「カスタム項目」を作成する
       →「プロジェクト」に「カスタム項目」を紐づける

    mceclip0.png
  2. メニューボタンを押下し、メニューバーから「リード」ページを選択してください。
    mceclip0.png
  3. 「インポート」ボタンを押下し、「リードインポート」を選択してください。
    mceclip1.png
  4. 「ステップ1/2」ページでファイルのアップロード及び所属「プロジェクト」の選択をし、「次に」ボタンを押下してください。
     ■「ここにファイルをドロップまたはアップロードします」と表示されるので、csv又はxlsx形式の貴社顧客リストを選択してください。
     ■「既存プロジェクトから選ぶ」を選択肢、「プロジェクト」ページで作成した「プロジェクト」を選択してください。
    【補足】
    「プロジェクトを新規作成する」を選ぶことも可能ですが、
    「プロジェクト」ページで行った貴社仕様の設定が反映されないデフォルト「プロジェクト」が作成されます。
     ■デフォルト「プロジェクト」連絡先、基本情報
     なお「サンプルCSV」ボタンでデフォルトCSVをエクスポートし、貴社リスト内容を貼り付けて使用することも可能です。     
     ■サンプルcsv設定項目:連絡先、基本情報    →現段階では連絡先なし 

     

  5. 「ステップ2/2」でインポートするファイルの情報を選択し、Comdeskに紐づけ、「インポート」ボタンを押して下さい。
  6. インポート履歴ページに遷移します。
    インポートのステータスが「完了」となっていることを確認してください。
    mceclip0.png
  7. 「ステータス」列に「失敗」と表示されている場合、インポートに失敗したリードのみインポート未了となっております。
    (インポート完了の表示になっているリードについてはインポート完了しています。)
    「csvダウンロード」ボタンから、失敗の要因が記載されたcsvファイルを出力し、失敗の原因を確認の上、再度インポートしてください。
    mceclip1.png

 

 

必須選択項目について

mceclip2.png

「リードをインポートする」章、「6」節の詳細です。
  →「リード」情報を編集する

  • 「リード」名「コンタクト」ページ、「リード」ページで表示されるリード題目です。(「ABC株式会社」「田中家」等)
  • 「連絡先」名:リードに紐づく連絡先名称です。(「営業部長田中氏」「田中太郎氏」等)
  • 電話番号架電を行うための電話番号です。(「080-0000-0000」「08000000000」等)→OK?

 

カラム紐づけ画像例

  • 必須項目を紐づければインポート可能です
    mceclip3.png
  • 必須項目に加えて、インポートする「基本情報」を紐づけることができます。
    mceclip4.png
  • 必須項目、「基本情報」、に加えて「カスタム項目」のインポートも可能です。
     事前に「カスタム項目」を作成し「プロジェクト」に紐づけた場合、選択肢として表示されます。
    mceclip4.png

 

 


重複チェックインポート(Comming soon)

リードインポート時に、既にComDeskに存在するリードを洗い出すことができます。
重複フラグで検出されたリードは、追加/削除/上書きすることができます。

【補足】
重複リードの取り扱いについて
・追加:既存のリードに加え、新規インポートしたリードを別途インポートする。
・削除:重複データのないリードのみインポートする。
・上書き:既存リード情報に、新規インポートリードの情報を上書きする。
なお、重複フラグとして、「リード名」「電話番号」で重複チェックすることができます。                       

 

 

禁止リードインポート(Comming soon)

禁止リードを一括でComDeskにインポートすることができます。
禁止リードは、特定のワークグループユーザーが架電することを制御できます。

【補足】
禁止リードの一括インポートは、既存顧客リスト、クレーム先リストをお持ちの場合に活用できます。                 



この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています