【概要】「プロジェクト」ページとは

「プロジェクト」ページ概要

mceclip0.png
貴社でお持ちの顧客リストを、ComDeskにインポートできます。
貴社顧客リストの束を、ComDesk上では「プロジェクト」と定義します。
プロジェクト「リード」(一つ一つの顧客情報)の束であり、リードに対して架電等の活動を実施できます。

 

プロジェクトページ権限

管理者/ユーザーごとに操作可能範囲が異なります。

  • 管理者
    全てのプロジェクトについて編集可能です。
    SV担当者として、全てのワークグループに所属するユーザーを任意のプロジェクトに割り当てることが可能です。
  • ユーザー
    ご自身が所属するプロジェクトについてのみ、編集が可能です。
    スムーズな業務が実施できるよう、任意のプロジェクトを設定してください。

 

「プロジェクト」ページ機能一覧

  • プロジェクト作成
    新規のプロジェクトを作成します。
  • プロジェクト編集
    プロジェクトの項目を編集できます。
    編集可能項目は、「プロジェクト名」「ユーザー」「カスタム項目」「アクション結果」です。
    【補足】
    ■ユーザー
    「プロジェクト」に紐づけられたユーザーのみ「プロジェクト」にアクセスできます。「プロジェクト」に属する「リード」に対して架電等の活動をするために、ユーザーの紐づけが必要となります。

    ■カスタム項目
    任意のリードに関するカスタマイズした項目を作成できます。

    「カスタム項目」ページで事前に「カスタム項目」セットを作成し、プロジェクトに紐づけてください。
    →「カスタム項目」を作成する
    ■結果:架電のアクション結果の選択肢を作成できます。
    「アクション結果」ページで事前に「アクション結果」セットを作成し、プロジェクトに紐づけてください。
    →「アクション結果」セットを作成する
  • プロジェクトの削除
    不要なプロジェクトを削除し、「プロジェクト」を整理してください。
  • 「配布済み」のリセット
    配布コールモードで配布済みとなったリードを配布リセットし、再度配布可能な状態に戻します。

    【補足】
    配布コールモード:コールドコールのモードの一種です。複数のユーザーが特定の同じプロジェクトに同時に架電する際に、自動的にリードをユーザーに振り分けます。
     当リセット機能は、配布済み状態をリセットし、再度配布コールモードで配布可能な状態にします。

     

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています