【操作方法】「リード」と「プロジェクト」を紐づける

リードとプロジェクトを紐づける

リード(顧客情報)の束プロジェクトと定義します。
ユーザーはプロジェクトに割り当てられ、 プロジェクトに紐づくリードに対して電話等の活動を行います。
「リード」ページにて、リードとプロジェクトの紐づきを編集することができます。

 

リードを新規プロジェクトに割り当てる

選択した「リード」を、新しく作成した「プロジェクト」に割り当てることができます。

mceclip0.png

  1. メニューバーから「リード」ページを選択します。
  2. 「プロジェクト」から任意のプロジェクトを選択し、リードを選択します。
    【補足】
    「一括選択ボタン」押すと、全リードを一括で選択できます。    
  3. 「新プロジェクト」ボタンをクリックし、新規プロジェクト名を設定します。
  4. 「新規プロジェクト作成」の画面がポップアップ表示されますので、「OK」をクリックしてください。
    【補足】
    ユーザーがリード一覧を閲覧、編集するためには、リードが紐づく「プロジェクト」へのアクセス権が必要です。
    ユーザーとプロジェクトの紐づけは、管理者のみ可能です。
    新規プロジェクト作成後、「プロジェクト」ページにてプロジェクトとユーザーの紐づけを行ってください。
    →「プロジェクト」を編集する

 

リードを削除する

リードを削除することができます。
なおリードを誤って削除した場合でも、復元することが可能です。

mceclip1.png

  1. 「プロジェクト」からプロジェクトを選択し、リードを☑します。
  2. リードリストの上部にある、ゴミ箱マークの「削除」ボタンをクリックします。
  3. 「リード削除」の画面がポップアップ表示されますので、「OK」をクリックしてください。
  4. 削除されたリードは「削除済み」に移動されます。

 

リードを復元する

mceclip2.png

  1. 「削除済」をクリックし、リードを☑します。
  2. 「復元する」ボタンをクリックします。
  3. 「リード復元」の画面ポップアップが表示されますので、「OK」をクリックしてください。

 

所属プロジェクトの移動

既存のプロジェクトにリードを移動することができます。

mceclip3.png

  1. 「プロジェクト」からプロジェクトを選択し、リードを☑します。
  2. リードリスト上部にある「移動」ボタンをクリックし、移動先プロジェクトを選択して、「保存」をクリックします。
  3. その後、既存の「プロジェクト」から、移動先プロジェクトを選択すると、リードの移動が完了していることが確認できます。

 

所属プロジェクトのコピー

リード情報を既存のプロジェクトにコピーできます。
リードの移動では、移動元プロジェクトからはリード情報が無くなりますが、
リードコピーでは移動元・移動先の両プロジェクトにリード情報が登録されます。

mceclip4.png

  1. 「プロジェクト」からプロジェクトを選択し、リードを☑します。
  2. リードリスト上部にある「コピー」ボタンをクリックし、コピーを作成するプロジェクトを選択します。
  3. 「プロジェクト」から、コピー先プロジェクトを選択すると、 既存のプロジェクトだけでなく、コピー先プロジェクトについてもリードが登録されていることが確認できます。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています