【概要】「リード」ページとは

「リード」ページ関連項目の定義

mceclip0.png

「リード」画面では、「プロジェクト」ごとに「リード」一覧を閲覧、編集できます。

  • 「リード」とは
    「リード」とは、一つ一つの顧客リストです。
    ComDesk上でリード情報を管理できます。
    【補足】
    リード情報とは、顧客情報及び電話等の活動履歴から構成されています。
    ・顧客情報
     >「連絡先」、「基本情報(デフォルト情報)」、「カスタム項目(貴社追加情報)」                
    ・活動履歴
     >コールドコール履歴、「アクション結果(コールドコール結果)」
     →「リード」情報を閲覧する
  • 「プロジェクト」とは
    「リード(一つ一つの顧客情報)」の束をプロジェクトと定義します。

 

権限別目的

管理者/ユーザーの権限別に使用する目的が異なります。

  • 管理者
    スーパーバイザーとしてすべてのリードを管理できます。
    全てのリードについて、プロジェクトの紐づけ、アクセス権の設定等を行うことができます。
  • ユーザー
    営業担当者として、ご自身が割り当てられたプロジェクトについてのみ管理ができます。
    追客状況に応じてプロジェクトの作成やマイボックスの追加(囲い込みリードの登録)等を行ってください。

 

「リード」ページ機能一覧

  • 全所属プロジェクト閲覧
    プロジェクト一覧及び、プロジェクトに紐づくリード一覧を閲覧できます。
  • 「新プロジェクト」に追加
    新規のプロジェクトを作成し、リードを割り当てることができます。
  • リードの「削除」
    リードを削除することができます。
    削除したリードは削除リストに移管されますが、リードデータの復元も可能です。
  • 所属プロジェクト「コピー」
    リードを他のプロジェクトにコピーすることができます。
  • 「マイボックス」の閲覧
    特定のユーザーの囲い込みリードであるマイボックスリード一覧を閲覧できます。
    マイボックス登録されたリードについて、登録ユーザー以外のユーザーは架電できません。
    担当者の被り無く、追客等の活動を行うことができます。
  • マイボックス解除
    マイボックスリードについて、登録を解除することができます。
    マイボックスを解除されたリードは、元々所属していたプロジェクトに戻ります。
    また、他ユーザーの架電も可能になります。
  • マイボックス移動
    マイボックスリードを、他のユーザーに割り当てることができます。
    担当変更の際にお使いください。
  • 「禁止」リードの閲覧
    ワークグループの禁止リードを閲覧できます。
    禁止リードに登録されると、割り当てられたワークグループユーザーは架電不可となります。
  • 禁止リードの解除
    ご自身が所属するワークグループの禁止リードを解除できます。
    禁止解除されたリードは、元々所属していたプロジェクトに戻り、架電可能となります。
  • リードの検索
    基本情報、カスタム項目でリードを検索することができます。
    【補足】
    基本情報:デフォルト項目。「名前」「住所」「メール」「ホームページ」「備考」                 
    カスタム項目:ご自由に作成、登録できるリード情報
     →「カスタム項目」を作成する
     →「プロジェクト」に「カスタム項目」を紐づける

     

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています