【操作方法】「レポート」を出力する

レポート出力

ユーザーの活動のレポートを出力できます。
レポート種別(出力形式)の選択及び、アクション結果(活動の結果)による検索が可能です。

 

出力形式の選択

  1. メニューバーから「レポート」ページを選択してください。
    mceclip0.png
  2. レポートの「レポート種別」を選択してください。mceclip1.png
    【補足】
     レポート種別:「毎時」、「週次」、「毎月」(月次)、「プロジェクト」、「ワークグループ」、
    「ユーザー」            
  3. 検索条件について、必要に応じて設定をしてください。                        mceclip2.png
    【補足】
     管理者選択肢:「日時範囲」、「ワークグループ」、「ユーザー」、「プロジェクト」について個別に選択できます。       
     ユーザー選択肢:「日時範囲」、「プロジェクト」について個別に選択できます。

     日付範囲で絞りこむ
      ① 日付範囲のボックスをクリックすると日付を選択できます。
        月跨ぎで検索する場合は、キーボードのShiftキーで範囲選択を行い、任意の月を指定してください。
      ② 特定の日付を選択すると、当該日付のレポートを出力できます。
        特定の日付範囲として2日間を選択すると、その2日間のレポートを出力できます。
      ③ 「OK」をクリックしてください。
     ■ワークグループを選択する(※管理者権限のみ)
      ① ワークグループのリストボックスをクリックすると、ワークグループを選択できます。
      ② 一つまたは複数のワークグループのレポートを出力することができ、
        任意のワークグループをクリックしてください。
      ③ 「OK」をクリックしてください。
     ■ユーザーを選択する
      ① ユーザーのリストボックスをクリックすると、ユーザーを選択できます。
      ② 一人または複数人のユーザーのレポートを出力することができ、
        任意のユーザーをクリックしてください。
      ③ 「OK」をクリックしてください。
     ■プロジェクトを選択する
      ① プロジェクトのリストボックスをクリックすると、プロジェクトを選択できます。
      ② 一つまたは複数のプロジェクトのレポートを出力することができ、
        任意のプロジェクトをクリックしてください。
      ③ 「OK」をクリックしてください。
  4. 「検索」ボタンを選択してください。
     検索結果が出力されます。
  5. 検索条件をクリアできます。
     「解除」ボタンをクリックしてください。

 

アクション結果から検索

出力形式を選択し、出力したレポートについて、更に「アクション結果」から検索できます。

mceclip3.png

  1. レポート画面で「フィルター」ボタンをクリックします。
  2. アクション結果欄をクリックし、プルダウンリストから検索したい「アクション結果」を選択します。
  3. 「フィルター」ボタンをクリックします。
    【補足】
    アクション結果でレポート出力するため、「アクション結果」セットの作成及びプロジェクト紐づけについて設定してください。
    ※「アクション結果」セットの作成は管理者のみ可能です。任意の「アクション結果」セットを任意のプロジェクトに紐づけ可能です。
     →「アクション結果」を作成する
     →「プロジェクト」に「アクション結果」を紐づける

     

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています