【概要】ワークグループページとは

ワークグループとは

mceclip0.png

複数人のユーザーのグループを指します。
支店単位、事業部単位等でユーザーをワークグループに所属させ、管理します。

【補足】
ワークグループは管理者専用のページです。 

 

 

ワークグループと各項目の関係

ComDeskはワークグループを基盤とし、各項目と関連付けされます。

  • ワークグループユーザー
    ComDeskにアクセスできる全ユーザーは、いずれかのワークグループに所属します。
    一人のユーザーが複数のワークグループに所属することもできます。
    ユーザーは自身が所属するワークグループに紐づく活動のみ行うことができます。
    管理者は全てのワークグループ、ユーザーについて閲覧や操作する権限を有します。
    【補足】
    ユーザー権限はご自身が所属するワークグループの範囲に限定されます。            
    (自身のワークグループのみ営業結果レポートの閲覧が可能、等)
  • ワークグループプロジェクト
     プロジェクトに割り当てられたユーザーのみが、プロジェクトに属する「リード」にアクセスでき、架電等の活動が実行できます。
     なお複数のワークグループからユーザーを選出し、一つのプロジェクトに紐づけることも可能です。
    【補足】
    〇:ユーザーとプロジェクトが紐づく
    ×:ワークグループとプロジェクトが紐づく
    ※ワークグループの全ユーザーをプロジェクトに紐づけ、実質的に「ワークグループとプロジェクトが紐づく」状態にできます。
  • ワークグループリード
     ワークグループとリード(一つ一つの顧客情報)は直接紐づきません。
     リードはプロジェクトと紐づきます。(リードの束をプロジェクトと定義します。)
     プロジェクトにユーザーが紐づくため、ユーザーごとにアクセス可能なリードが異なります。

 

ワークグループ機能一覧

ワークグループページでは、ワークグループの作成、編集が可能です。

  • ワークグループの新規作成
    新規ワークグループを作成し、所属するユーザーの選択が可能です。
  • ワークグループの編集
    ワークグループ名、所属ユーザーの変更、ワークグループの削除が可能です。
  • ユーザーの編集
    チームとロールの設定、変更、ユーザーの削除が可能です。
    【補足】
     チーム:ワークグループ内の下位組織です。任意で設定してください。
     ロール:ユーザーの権限を指します。各ロールごとにアクセス権や使用できる機能が制限されております。

     

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています