活動履歴やアクション結果レポートを自動で作成し、レポート作成、報告にかかる時間を削減します

「リード」への架電から、リード情報の更新、保存までを一気通貫で処理できます。
CTI機能とCRM機能を一つのシステムで完結することにより、活動履歴の入力時間/レポート作成・報告時間を削減します。

 

活用できる機能

「コンタクト」ページの全てのコールモードで、架電、情報更新、保存を行うことができます。
 →各種コールモード
通話中に得た新規リード情報について、即時編集し、編集した情報を反映させることができます。
 →架電の操作手順
 →「コンタクト」ページで「リード」情報を更新する
またリード状況の登録として、別途「マイボックス」「禁止」機能を設けております。
マイボックス登録によりリードを囲い込み、ユーザー間で重複せず追客等を実施できます。
禁止登録により架電禁止のブロックを行えます。社内のコンプライアンス順守にお役立てください。
 →「コンタクト」ページで「マイボックス」に登録する
 →「コンタクト」ページで「禁止」登録する
「ヒストリー」ページで、自動で活動履歴が蓄積されております。
 通話録音を再生/ダウンロードすることも可能ですので、
「リード」に対する活動履歴と通話内容を確認できます。

 →録音を再生する
レポート」ページでは、活動実績のレポートを出力できます。
 ユーザー様の活動のレポートを確認することができます。

 →「レポート」を出力する

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています