アサインの必要無しに、複数人で同一の顧客リストにアプローチできます

ComDeskでは、システム上で顧客情報の精査、各ユーザーへの担当顧客リストの割り当てが可能です。
一方で、特定のユーザーをアサインさせずに、集積された顧客リストに複数人で同時にアプローチすることもできます。架電した結果をもとに、見込み状況に応じてリード情報を精査することも可能です。

 

活用できる機能

  • ランダムコールモード
    「コンタクト」ページのコールモードの一つである「ランダムコールモード」を使用してください。
    一つの「プロジェクト(貴社顧客リスト)」に、同時に複数のユーザーでアプローチができます。
    アプローチ先がユーザー間で重複することが無いように、自動で「リード(顧客情報)」を各ユーザーに振り分けます。
    →各種コールモード
  • 「プロジェクト」移動
     「リード」ページで、各「リード(顧客情報)」について所属「プロジェクト(顧客情報が束になったもの)」を変更できます。
     架電結果をもとに、リスト精査する場合に利用してください。
     所属「プロジェクト」の変更:新規プロジェクトに移動、他のプロジェクトに移動/コピー、リードの削除
    →「リード」の所属先である「プロジェクト」を変更する

    【事例】
    各顧客情報に架電し、「使われていない電話番号」のみで検索し、検出された「リード」を一括で削除できます。

     

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています