①リマインダーを閲覧する

                                                  

 「リマインダー」の閲覧方法

                                                  

 

「リマインダー」ページ操作手順

「リマインダー」ページでは、ユーザーの再コール(リマインダー)設定したリードの一覧が閲覧できます。

  1. メニューボタンをクリックし、メニューバーから「リマインダー」ページを選択してください。
    __.jpg
  2. 再コール(リマインダー)設定の「対応済」と「キャンセル」
    任意の「プロジェクト」を選択し、再コール設定した任意の「リード」の選択(チェックボックスに☑)にすると、「対応済」「キャンセル」というボタンが表示されます。
    もしそのリードにすでに対応された場合、「対応済」をクリックすると、そのリードの「ステータス」欄に、「対応済」と表示され、架電時に開く「コンタクト」画面上で、該当のリードの再コール通知はポップアップ表示されなくなります。
    もし再コール設定をキャンセルしたい場合、「キャンセル」をクリックすると、そのリードの「ステータス」欄に、「キャンセル」と表示され、架電時に開く「コンタクト」画面上で、該当のリードの再コール通知はポップアップ表示されなくなります。

    __.jpg
    __.jpg

__.jpg

3. 再コール(リマインダー)設定の「リードの表示」と「編集」
「プロジェクト」
を選択すると、再コール(リマインダー)設定されている各リードの設定情報が、一覧で表示されます。

__.jpg

①「リードを表示」
「リードを表示」
をクリックすると、以下のような該当のリード情報がポップアップ表示されます。
リードの企業名の右横に、設定した「再コール(リマインダー)日時」が表示されます。
※「リード」の「基本項目」、「ノート」や、「カスタム項目」の編集、またコールログ(電話の発信受信履歴)の閲覧や、各「アクション結果」の編集も可能です。

__.jpg

②再コール(リマインダー)設定の「編集」
「編集する」をクリックすると、以下の画面がポップアップ表示され、すでに設定した、「リマインダー(再コール)日時」および「メモ」の編集が可能になります。
以下の画面の通り、編集後の「キャンセル」や「リード閲覧」、また「リード閲覧(対応済みに変更)」もボタンをクリックすることで可能です。
なお「リマインダー(再コール)日時」および「メモ」の編集後、右下にある「保存」をクリックしてください。

__.jpg


4. リマインダー検索
画面右上にある「フィルター」ボタンをクリックすると、再コール(リマインダー)設定情報の検索が可能です。
「ワークグループ」「リード」「ユーザー」「ステータス」「予約日時」範囲のいずれかで、検索できます。

__.jpg

                                                  

概要説明

                                                  

 

「リマインダー」ページと各項目の関係性

  • 「プロジェクト」
    「リマインダー」ページでは、複数の顧客情報が束になった「プロジェクト」単位で活動履歴が表示されます。
  • 「リード」
    再コール設定した特定の「リード」名で、リマインダー検索することができます。
    また「再コール(リマインダー)」情報は、再コール先のリードの情報をもとに設定されています。
  • 「コンタクト」ページ(「ユーザー」画面より)
    「コンタクト」ページで、「ベル」アイコン「再コール(リマインダー)」設定した際の情報が、「リマインダー」ページのリード情報と紐づいて表示されます。
    「コンタクト」ページ上で、再コール(リマインダー)設定した「リード」情報と設定日時が表示されます。

「リマインダー」ページの更なる活用

ComDeskにユーザーの再コール(リマインダー)情報が、ユーザーごとにひと目で確認・検索できます。
また「リードを表示」ボタンをクリックすることで、リードへの架電履歴(アクション結果)も合わせて確認できるため、ユーザーのリマインダー確認だけでなく、管理者のユーザーがきちんと再度架電するための設定を行っているかを、この「リマインダー」ページで確認することが可能になります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています