①リマインダーを閲覧する

 

                                                   

 「リマインダー」の閲覧方法

                                                   

 

「リマインダー」ページ操作手順

  • 「ユーザー」モードでの「リマインダー」

    1. 「ユーザー」モードの場合、「コンタクト」ページより、画面左側のアイコンの上から4番目にある「ベル」アイコンを、また他のページからの場合、「リマインダー」をクリックしてください。
    __.png

    2. 画面左側より、任意の「プロジェクト」を選択し、プロジェクト毎に、リマインダー(再コール)設定情報を閲覧できます。
    ・画面上の条件検索で、「私のリマインダー」のみ表示させたり、以下の画面の通り、「日付範囲選択」(カレンダー表示で日付選択)、「フィルター」検索が可能です。
    ※なお、各リマインダー情報は、「ステータス」「予約中」・「対応済み」・「キャンセル」・「新」・「経過未対応」)によって色分け表示されます。

    __.png

    __.png
    ※なお「フィルター」機能では、以下の条件で検索できます。
    ・「ステータス」「経過未対応」・「予約中」・「対応済み」・「キャンセル」・「新」)
    ・「担当者」
    ・「プロジェクト」
    ・「ユーザー」

    ・「リード」

3. 「リマインダー」情報の「対応済み」設定や「編集」
各リマインダー欄の「右端」にマウスの矢印を合わせると、リマインダー情報の「対応済み」(丸印のチェックマーク「✓」をクリック)設定や、「編集」(鉛筆アイコンをクリック)ができます。

__.png

※リマインダー(再コール)の編集は、以下の手順で変更できます。

・「予約日時」の変更:カレンダー表示で日付変更、プルダウンメニューで時間変更できます。

・「担当者」の変更:同じプロジェクトに所属する「ユーザー」に、担当者変更できます。
・「メモ」の編集:
再コール時に必要な情報を、メモ欄で適宜加筆修正できます。

・再コール「実行済み」/「キャンセル」の設定変更

__.png

 

                                                  

 概要説明

                                                  

 

「リマインダー」ページと各項目の関係性

  • 「プロジェクト」
    ユーザーの所属する「プロジェクト」や、個人の「ユーザー」単位でリマインダー(再コール)設定した顧客リストのCSVデータ出力が可能です。
  • 「コンタクト」ページ
    「コンタクト」ページで設定したリマインダー(再コール)リストが、「リマインダー」ページに反映されます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています