【概要】「リマインダー」ページとは

「リマインダー」ページ概要

(管理者権限の場合)
各ユーザーがリードへの架電時に(「コンタクト」ページ上で)設定した、再コールリストを閲覧できます。
(ユーザー権限の場合)
ユーザー自身がリードへの架電時に(「コンタクト」ページ上で)設定した、再コールリストを閲覧できます。

1. 画面左側のメニューバーより、「リマインダー」をクリックしてください。
(「管理者」の場合)
画面左にあるプロジェクト一覧より、任意の「プロジェクト」を選択すると、そのプロジェクトに紐付いているリードへの再コールリストが表示されます。

(「管理者」権限)「リマインダー」ページ
__.jpg

__.jpg

(「ユーザー」権限の場合)
①画面左端のメニューバーより、「ベル」アイコンをクリックすると、「リマインダー」ページに移動します。
「リマインダー」ページの画面左側より、ユーザーが所属する任意の「プロジェクト」を選択すると、ユーザーが設定したリマインダー(再コール)設定情報が表示されます。
③各リマインダー情報について、ステータス毎に色分けされて表示されます。
「予約中」(色無し)・「対応済」(色無し)・「キャンセル」(色無し)・「新」(緑色)・「経過未対応」(赤色)
__.jpg

2. 各項目について
「管理者」モードでは、以下の項目が表示されます。
「ワークグループ名」
「プロジェクト名」
「日時」(リマインダー設定した日時)
「リード」(企業名)
「連絡先」(担当者名)
「連絡手段」(電話番号)
「作成日時」
「ユーザー名」(リマインダー設定したユーザー名)
「ステータス」(リマインダー設定の状況として、「予約中」・「対応済」・「キャンセル」・「新」・「経過未対応のいずれかを表示)

「ユーザー」権限では、以下の項目が表示されます。
「ステータス」(リマインダー設定の状況として、「予約中」・「対応済」・「キャンセル」・「新」・「経過未対応」のいずれかを表示)
「プロジェクト名」
「日時」(リマインダー設定した日時)
「リード」(企業名)
「連絡先」(担当者名)
「連絡手段」(電話番号)
「作成日時」
「ユーザー名」(リマインダー設定したユーザー名)

3. リード情報の表示や再コール設定の編集
①「管理者」モードの場合
「リードを表示」ボタンをクリックすると、各リードの情報の編集や、そのリードへの架電履歴を確認できます。
__.jpg

「編集する」ボタンをクリックすると、設定した「リマインダー日時」(再コール日時)の編集や、「メモ」の編集、また「リード閲覧」(「対応済み」への変更)ができます。
__.jpg

「ユーザー」権限の場合
リマインダー(再コール)設定した各リード情報にカーソルを合わせると、各リード情報の右端に、以下のアイコンが表示されます。そちらから、予約設定したリマインダーへの「対応済み」設定、またはリマインダー情報の「編集」ができます。

「丸印の中にチェックマーク(✓)」アイコン:「対応済み」

「鉛筆」アイコン:「リマインダー」設定の編集

__.jpg


4. フィルター機能
①「管理者」モード
画面右上にある「フィルター」機能を使うことで、リマインダー設定した各リードの情報を検索できます。
「フィルター」条件:
「ワークグループ」、「ユーザー」、「ステータス」(「予約中」・「対応済」・「キャンセル」・「新」・「経過未対応」)、「リード」、「予約日時」

__.jpg

②「ユーザー」モード

画面右上にある「フィルター」ボタンと日付設定を使うことで、以下の条件でリマインダー情報の検索ができます。
「日付範囲指定」
「ステータス」(「経過未対応」、「予約中」、「対応済み」、「キャンセル」、「新」)
「担当者」(ユーザー名を選択)
「プロジェクト」(プロジェクト名を選択)
「リード」(リード名を選択)
最後に「フィルターを適用する」をクリックすると、検索結果が表示されます。

__2.jpg
__.jpg

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています